魚介

アスリートにもお勧め!味の良さで人気の高級魚・鯛 (真鯛)

タイ

味の良さで人気が高い魚、鯛。

一般的に皆さんがイメージする鯛は「真鯛」だと思います。

真鯛は値段が高く、調理が大変だと思われており、日常的に食べる魚ではないかもしれません。

しかし、旬の時期にスーパーで切り身を購入すれば、簡単に調理することができ、味も抜群なんですよ。

以下でその魅力をご紹介していきます。

(真鯛) の価格・旬の時期・主な産地

日本には「鯛」と名のついた魚が非常に多く、数だけでも約200種類と言われています。

しかし、本来の魚類学上でタイ科に属するのはその中のほんの一部で、その他のものは、外見が似ているために名付けられたということのようです。

その数多い鯛の中でも、タイ科マダイ属に属する「真鯛」は、「鯛」の代名詞的な存在で、味の良さから非常に人気があります。

まず、ここでは、真鯛を購入する際、参考になる情報をお伝えしていきます。

価格について

切り身2切れで600程度です。

刺身5切れで400程度です。

旬の時期は12月から3月頃です。

真鯛の産卵期は、海域によって差がありますが、だいたい2月から6月頃。

産卵期直前の桜の季節の真鯛が美味しいと言われています。この時期の真鯛は、身体全体が桜色を帯び「桜鯛」と呼ばれます。

産卵を終えた真鯛は、色が黒っぽく締まりのない身になってしまい「麦わら鯛」と呼ばれ、味が落ちてしまいます。

麦の収穫時期と真鯛の産卵期が重なるため、「麦わら鯛」と呼ばれるということのようです。

天然真鯛の主な産地は、長崎県、福岡県、愛媛県です。養殖真鯛の主な産地は、愛媛県、熊本県、三重県です。

真鯛の生態

真鯛は北海道から九州にかけての日本海、太平洋、および瀬戸内海をはじめ、広くは東シナ海から南シナ海まで分布しています。

寿命は2040年です。

稚魚の間は岸近くで動物性プランクトンやエビ・カニの幼生などを捕食し、1516cmくらいになるとアミエビやヨコエビ類など小さな甲殻類を食べているようです。

2年目くらいまでは浅い砂礫底でエビやカニなどの甲殻類を食べて過ごし、3年目あたりから深場の岩礁や砂礫底の底付近に移動します。

産卵に向けて、春には岸近くの比較的浅いところにあがってきます。

天然真鯛と養殖真鯛の違い

一般に出回っている真鯛のうち、天然真鯛は1割程度です。

天然と養殖の主な違いは「色」です。養殖はやや黒みがかっており、天然の方がきれいな赤色です。

「身質」にも違いがあります。養殖ものは、高カロリーなエサを与えられ、養殖池で育ったため運動不足。

そのため、天然ものに比べ身に脂がまわってしまい、食感が柔らかめです。

天然ものはエサを求め広い海を回遊するため、よく身が締まり食感が良く、身に甘みがあります。

また、鼻孔 (鼻の穴) で天然か養殖かを見分けることもできます。

天然真鯛は、鼻孔が前後に2つ開いています。

養殖真鯛は、本来2つあるはずの鼻孔がつながって1つになっています。

ただし、養殖ものでも鼻孔が2つに分かれる個体はあるので、注意してください。

真鯛の栄養成分

真鯛は、栄養面から見ると、アスリートや激しい運動に取り組む中高生にお勧めしたい魚です。

ダイエット中の方にもお勧めできます。

最大の特徴は、たんぱく質が多く脂質が少ないということ。

クレアチンが豊富に含まれている点にも注目です。

クレアチンはエネルギー代謝を活発にする成分で、筋肉の持続力向上や疲労回復に効果があります。

真鯛の選び方

体長4050cmくらいで、色が鮮やかで身が厚く、尾に幅があり、まるまると太っている真鯛を選ぶと良いでしょう。

また鮮度の良い真鯛は、身体全体の色が鮮やかで目が澄んでおり、目の上あたりのウロコが青っぽい紫色に輝いています。

選ぶ際、参考にしてください。

真鯛の美味しい食べ方

真鯛の調理は、非常に手間がかかります。ここでは手軽に作れる料理のみをご紹介していきます。

<<鯛ちり>>

真鯛の骨でだしをとり、酒と塩だけで味つけして、身を煮ながら食べます。

鍋には、お好みで、豆腐、白菜、ねぎ、きのこ類などを入れましょう。

薄味でも美味しいだしが出て、絶品ですよ。

<<鯛飯>>

真鯛の刺身を、しょうゆ、みりん、酒、砂糖、だしなどの合わせ調味料に卵を割り入れたものに少し漬けて、ご飯にのせて食べます。ごま、海苔、ねぎなどの薬味も用意します。

愛媛県南西部の八幡浜、宇和島の郷土料理です。

<<鯛の炊き込みご飯>>

普通に水加減した炊飯器ににんじん、ごぼう、しいたけなどを入れて、しょうゆ、酒で味つけします。

そこに振り塩をした真鯛の切り身をのせて炊き込みます。

1尾まるごと炊き込むのは家庭では無理なので、ここでは「切り身」を使用します。

まとめ

身体を鍛えることに興味があるアスリートには、ぜひ注目していただきたい栄養満点の食材、真鯛。もちろん味も抜群です。

調理が大変というイメージがありますが、スーパーで切り身を手に入れれば、簡単に調理することができます。

今晩の夕飯のおかずに取り入れてみてはいかがでしょうか?