アオハタの値段は?名前は「青羽太」なのに青くないの?

魚介

35㎝前後になる魚で、関西などで珍重される高級魚「ハタ」と同様に、小型ながら身の締まったクセの無い上品な味わいで人気なんです。名前と違って青くはなく、茶系に褐色の帯が入った魚ですが、北でも生息するので、日本海でまとまって水揚げされることも多いため、関東地方の市場でも見かけるんですね。高級魚「ハタ類」としては比較的安いですが、それでも都会の小売店ではあまり見かけない魚です。ところでこのアオハタの値段は幾らくらいですか?名前の由来もとても興味をいだかせるものですね。

馴染みはないのですが、小型のハタ類では入荷量も多くて、値段も手頃なんだそうですが、まずはその点から取り上げますね

アオハタの値段は?

高級魚「ハタ類」の中では、価格的には安価なので流通は増加しているらしいですよ。

活魚1尾1㎏程度で6.000円前後ですから、決して安くはありませんが、ハタ類の中では手ごろな価格ですね。

市場情報では少し安くて、キロ当たり2000~4000円程度です。

お目にかかれない魚ですから

都会の小売店では、取り扱いが少ないので見かけることもないでしょう。
それもそのはずです

ハタ』だって見たことはないのですから…。
『ハタ』を料理しているのを見たことがあるのですが「アオハタ」はあまり見たことがないとの声が聞こえます

産地は長崎県、大分、山陰、若狭、北陸などですから、この地方に旅した際には食べてみてくださいね。

スポンサーリンク




   

旬の時期を考えて

美味しい時期は通年だけど、産後の晩夏と初秋は避けたほうが良いともいわれていますね

関西などでは「ハモ」と並んで夏の魚として珍重される高級魚「ハタ」ですが、もちろんアオハタも同じです。

秋から初夏までと旬が長いのも特徴ですが、その中でも食べるのは避けたいのが産卵後の夏の終わりから秋口にかけてです。

鮮度落ちがとても早いために小売店には出ないというのが見かけない理由なんです。

ところでアオハタという名前ですが

青くないのにアオハタって不思議?

漢字では「青羽太」「青鰭」と書きますが、色合いは青くなく黄色味を帯びているため「黄羽太」「黄かな」などとも呼ばれるようです。

じゃあどうして「青」の字を当てたんでしょう?

「青」の字を使う理由

別に「キジハタ」のことを『アコウ』と呼ぶので「アオ」と呼ぶようになったとの説もあるんです。

諸説ありますが
ヒレが青い』という記述もあります。
この、ヒレが青いというのが特徴ですか?

でも写真では「ヒレの先は真黄色」にも見えるようにも感じますね!?

スポンサーリンク




   

種類や呼び方は?

スズキ目は種類が非常に多いので、
ハタ類では「マハタ」「アカハタ」「カンモンハタ」「イシガキハタ」「ナミハタ」などいっぱいあります。

いずれも青くないので、その中でも「アオハタ」は比較的青く見えるのでしょうか?

ハタ類としては小型で30㎝位が多い「アオハタ」ですが、長崎では「アオナ」と呼ばれます。

ハタ属の中にあの有名な超高級魚『クエ』も居ますから、美味しいというのはうなずけますね

より美味しく食べたい人のための簡単レシピ

とにかく癖がなく、旨みがあり、脂ものっているからパサパサ感が無い白身なんです。

頭や中骨に味わいがあるので、身は「刺身」「塩焼き」「唐揚げ」などに調理し

あらは「あら煮」「味噌汁」「鍋もの」にするのがお勧めの調理法です。

小型のものなら「塩焼きの一匹もの」が一番でしょう。

綺麗に水洗いして塩を振り、半日ほど寝かせた後でじっくりと焼き上げるのがポイントです。
淡白な味わいなので、「オリーブオイル」や「バルサミコ酢」などを振って少し馴染ませても美味しいらしいので、若い人にもオスススメの料理法ですね。

日本では「お造り」「煮付け」「鍋料理」で食することが多い魚ですが、香港では「蒸し魚」や「フライ」として食べられているようです。

暖かい海が好きなのに日本海なの?

亜熱帯から温帯域の温暖な海を好みますが、日本海では山形から南の九州にかけての沿岸、朝鮮半島南部沿岸、太平洋側では房総半島辺りから南の沿岸、更にフィリピンや台湾、中国の沿岸などにも広く分布しています。

暖海性なのに、日本海側で多く揚げられているという特長がありますね。

まずは鮮度をしっかり確認しましょう。
活〆されたものが上等なのですが、そうでない場合でも腹をさわって硬さを感じるものを選ぶとよいそうです。
柔らかいものは、鮮度が落ちていますから注意が必要ともいわれています。

目が澄んでいて体表が鮮やかで透明感とヌメリ感のあるものが新鮮な証拠です。

スポンサーリンク




   

美味しい魚ですからよりおいしく食べたい

そのまま丸の煮付けも美味しいのですが、簡単なのは焼きでしょうか。

塩焼きの他に、オリーブ油を使用したポワレもとっても美味しいと評判ですよ。

そして鍋料理なら「アオハタ」の全てが味わえますから、いい味の出るアラと昆布でダシをとって野菜やきのこと共にしっかり火を通して味わってみたいですね。