新鮮な生ガキの旨みたっぷりの、あの美味しさ

一度味わってしまうと「もう一度食べたい!」とその味が恋しくなるもの。

家庭で美味しい生ガキが食べられたら、最高ですよね。

ここでは、案外知られていない、カキに関する情報とその魅力をご紹介していきます。

カキの種類

日本では約25種類のカキが獲れますが、食用とされているのは主に、養殖の「マガキ」と天然の「イワガキ」の2種類です。

天然のイワガキは漁獲量が限られているため、流通しているカキのほとんどが、養殖のマガキです。

イワガキはほとんどが天然もので主に日本海側で獲れ、マガキは養殖ものがほとんどで主に太平洋側で養殖されています。

カキはスーパーで購入することもできますが、鮮度管理の難しさを考えると、信頼のおけるネット通販ショップで購入するのがお勧めです。

以下で、カキの種類別に購入情報をお伝えしていきます。

マガキの特徴・価格・旬の時期・主な産地

国内で流通しているカキのほとんどが、この養殖の「マガキ」です。

マガキは、殻つきと剥きガキで流通します。

流通しているカキには、生食用と加熱用があります。

濃厚な旨みがあり、食感はあまりなく、独特のクセがありこれが好まれています。

価格について。生食用生ガキ (殻つき) 1個で、175370程度です。

生食用生ガキ (殻つき) 20個で、5,800程度です。加熱用生ガキ (殻つき) 20個で、5,700程度です。

生食用生ガキ (剥き身) 1520粒で、1,500程度です。

加熱用生ガキ (剥き身) 1520粒で、800程度です。

旬の時期は、晩秋から春です。

マガキは、夏場は産卵期にあたるため、菌の繁殖が活発になり、食中毒の危険が増します。

英語圏では、月の名称に”r”がつかない月 (58) には、マガキを食べてはいけないと言われていますので、参考にしてください。

マガキの主な産地について順位順にご紹介

広島県 (1)

言わずと知れた養殖マガキの一大産地です。

広島県産のマガキは、あっさりとした味わいで、どちらかというと加熱用に向いています。

広島県は、大きい川が瀬戸内海に流れているため栄養が豊富な地域で、マガキが大きく育ちます。

宮城県 (2)

養殖用種ガキの生産県としても有名な宮城県。生食用のカキに限定すると、生産量第1位は宮城県です。

宮城県産のマガキは、濃厚すぎるほどカキの味を感じることができます。

宮城県は、外洋に向かって海が開けているため海水が清潔で、そこで獲れるマガキは生食用に向いています。

岡山県 (3)

広島県と同様、入り組んだ瀬戸内海で盛んに養殖が行われています。

最も養殖が盛んなのが日生 (ひなせ) 地区です。

イワガキの特徴・価格・旬の時期・主な産地

天然のイワガキは、漁獲量が限られているため、価格も驚くほど高く、食べる機会は少ないかもしれません。

ネット通販ショップで購入することもできますが、産地に出向いて食べるのが、味の点でも価格の点でもお勧めです。

イワガキは、生で食べるのが一般的です。

1個食べるとお腹がふくれるほど、可食部が大きいです。独特の渋みと濃厚な旨みが特徴です。

価格について。生食用生ガキ (殻つき) 1個で、425800程度です。

生食用生ガキ (殻つき) 6個で、4,000程度です。

生食用生ガキ (殻つき) 10個で、5,500程度です。

旬の時期は、春から夏です。マガキと交代するように入荷してきます。

生食用のカキと加熱用のカキ

マガキの場合は、「生食用」と「加熱用」の2種類のカキが存在します。

この2種類には、どのような違いがあるのでしょうか?

「生食用」は、カキを収穫後、一定期間無菌状態の海水で体内の細菌を出したものです。

その分旨みは少なくなっています。「加熱用」のカキは、体内の細菌を出さず、そのまま出荷しています。

用途を正しく守って調理することが大切です。

例えば、「加熱用」のカキを使って「シーフードグラタン」を作るとします。

加熱不十分のままグラタンを仕上げて、半生のカキを食べてしまうのは、良くありません。

カキに細菌が残っていて、腹痛を引き起こす可能性があります。

「加熱用」のカキの火の通し加減には、十分注意しましょう。

カキの美味しい食べ方

カキは、殻つきのものを「生ガキ」で食べるのが、最高の食べ方です。

柑橘類だけで食べるとほどよい塩味が感じられて、絶品です。

産地で食べるのであれば「焼きガキ」も良いですね。

殻つきのカキを屋外で炭火で焼き上げます。カキの殻が開きはじめたら、エキスが漏れないように、すぐに上の殻を取り去るといいでしょう。旨みが凝縮されて、とても美味しいですよ。

マガキの場合は、「カキの炊き込みご飯」もお勧めです。

作り方もいろいろありますが、最も簡単なのは、マガキの剥き身をしょうゆと酒で味つけして、米とともに炊飯器で炊くというやり方です。

あれこれ手間をかけなくても、味の方は絶品ですよ。

まとめ

さまざまな魚介類がある中で、なぜか熱狂的に好む人が多い、カキ。

他の魚介類では味わえない濃厚な旨みが、人を惹きつけて離さないようです。

信頼できるネット通販ショップを見つけて、ぜひ家庭でカキ料理を楽しんでみてくださいね。

世界で話題の健康サプリ「きなり」

私が皆さんに紹介したいサプリメントがあります。

それは「きなり」というサプリです。累計販売165万袋を突破しているのです。

魚には重要な栄養がかなり含まれていますよね。

しかし、毎日三食魚を食べたとしても1日に必要な栄養を摂取することができません。

そこでオススメなのがこの「きなり」です。

「きなり」は青魚に多く含まれている、「DHA」・「EPA」が気軽に摂取できるサプリメントなのです。

DHAなどの青魚系のサプリメントは、なんとなく生臭いような匂いがするものもあります・・・。

しかし、きなりの袋を開けたときの香りは、少し香ばしい匂いでした。

口にカプセルを入れたときも、うっすらと甘みを感じ、ソフトカプセルなので、柔らかく、とても飲みやすいと感じました!

飲み込んだ後も、変な匂いなどは感じる事はありません。

だから、私も毎日欠かさず飲み続けられるのです。

今なら特別価格1,833円でご利用できます。

是非、ご覧ください。


詳しくはこちら