魚介

和洋中・様々な調理法でもっと美味しく!【お手頃食材スルメイカ】

スルメイカ

イカそうめんの材料として有名なスルメイカ。

国内で流通するイカの半分以上がスルメイカ、私たちにとって身近な魚介類のひとつです。

価格が安定している美味しい食材・スルメイカの魅力を、以下でご紹介していきます。

スルメイカの価格・旬の時期・主な産地

国内で最も消費量が多い魚介類のひとつ、イカ。

国内で流通するイカの半分以上がスルメイカです。

年間を通して味が良く、価格も安定しています。

身を細く切ってだししょうゆをかけたイカそうめんは、スルメイカの弾力を活かした、代表的な料理です。

まず、ここでは、スルメイカを購入する際、参考になる情報をお伝えしていきます。

価格について

スルメイカのイカそうめん5060グラムで、300400程度です。

旬の時期について。

スルメイカは、海域によって産まれる時期がずれているため、特に旬の時期というものはなく、一年中美味しいイカを食べることができます。

ただし、最も水揚げ量が多い時期は夏なので、夏が旬といっていいかもしれません。

主な産地は、北海道、青森県、長崎県、石川県、岩手県です。

季節によって違う海域で群れを作るスルメイカ

日本の沿岸を回遊するスルメイカには、大きく分けて以下の3つのグループがあるとされています。

スルメイカは、季節によって違う海域で群れを作り、産卵時期もバラバラなので、私たちは一年中美味しいイカを食べることができるのです。

「春から夏生まれ群」

日本海本州沿岸から九州沿岸、伊豆半島周辺で、4月から8月に発生します。

資源量は小さいです。

「秋生まれ群」

東シナ海北部から日本海南西部で9月から11月に発生します。

日本海の沖合を回遊し、大型になります。

日本海での漁獲の7割を占めます。

「冬生まれ群」

太平洋九州・四国沿岸で12月から3月に発生します。

黒潮にのって太平洋側を回遊し、オホーツクあたりまで北上します。

太平洋側での水揚げの多くは、この群です。

スルメイカの名前の由来

スルメイカという名前の由来ですが、イカ類で最も多くスルメに使われることから来ているようです。

また、スルメイカは墨を吐く群れ、つまり「スミムレ」であることから、呼び方を少し変化させて「スルメイカ」になったのだという説もあります。

スルメイカの鮮度

スルメイカの鮮度は、色で見極めましょう。

獲れたてのイカは透明です。

時間がたつと、光沢と透明感のある茶褐色になります。

この状態が鮮度の良い状態だと言えます。

さらに半日か一日が過ぎ、鮮度が落ちてくると、不透明な乳白色になります。

さらに一日たつと、今度は、透明感のない赤っぽい色になります。

スーパーでは「透明感のある茶褐色の」イカを選ぶと良いでしょう。

ここでさらに、豆知識として、「不透明な白いイカは鮮度が悪いのか」について、ご説明していきます。

スーパーで売っている「不透明な白い」イカは、鮮度が悪いと判断して問題ありません。

しかし、獲れたての透明なイカを20分間放置すると「白く」なることは案外知られていません。

獲れてから40分たったイカは「透明感のある茶褐色」になります。

この時点でも鮮度は抜群です。「白い」イカが鮮度が良いのか悪いのか、見た目だけではわからないということになります

消費者を混乱させないためでしょうか、漁のときには、船上でイカを茶褐色に固定させるのが一般的なようです。

やはり「透明感のある茶褐色の」イカを選ぶのが正しいと思われます。

スルメイカの栄養成分

高たんぱくで低カロリー、栄養面で非常に優秀な食材・スルメイカは、ダイエット中の方には特にお勧めです。

コレステロールの低下、正常血圧の維持、インスリンの分泌促進、肝臓の解毒作用の促進などの働きがある「タウリン」が豊富に含まれるので、健康に気を遣う方には、積極的に摂取していただきたい食材のひとつです。

スルメイカの味わい

スルメイカの旨み成分はアミノ酸の「プロリン」で、醤油の旨みと塩分によって味が引き立ちます。

「プロリン」の旨み成分は、熟成によって増していくことはありません。 (購入して日がたてばたつほど旨みが増すということはない)

よって、スルメイカは新鮮であればあるほど美味しいのです。

スルメイカの美味しい食べ方

素材そのものの旨みが強いスルメイカ。

美味しい食べ方は多数ありますので、以下でご紹介していきます。

<<スルメイカときゅうりの酢のもの>>

きゅうりの酢のものにゆでたスルメイカを加えます。

スルメイカ自体に味があるので、風味がアップしますし、見た目も豪華になります。

パーティーの前菜としてお勧めのメニューです。

<<イカリングフライ>>

子供も大人も大好き、洋食の定番メニュー。

輪切りにしたスルメイカに塩こしょうして、小麦粉をまぶし、小麦粉・卵黄・サラダ油を合わせた衣をつけ、パン粉をつけて揚げます。

安い材料費で作れるごちそうメニューです。

<<イカ野菜炒め>>

フライパンにサラダ油、しょうが・にんにくのかけらを入れて熱し、食べやすく切った野菜・イカを同時に入れて強火で短時間炒めます。

味つけは塩こしょう少々で。

スルメイカ自体に味があるので、薄味でも美味しく仕上がります。

まとめ

一年中手に入り、価格も安定して美味しいスルメイカは、主婦の味方ですね。

魚介類の中でも揚げ物向きの食材であるスルメイカは、肉を好む育ち盛りのお子さんにもお勧めです。

ぜひ一度、スーパーで手にとってみてくださいね。

世界で話題の健康サプリ「きなり」

私が皆さんに紹介したいサプリメントがあります。

それは「きなり」というサプリです。累計販売165万袋を突破しているのです。

魚には重要な栄養がかなり含まれていますよね。

しかし、毎日三食魚を食べたとしても1日に必要な栄養を摂取することができません。

そこでオススメなのがこの「きなり」です。

「きなり」は青魚に多く含まれている、「DHA」・「EPA」が気軽に摂取できるサプリメントなのです。

DHAなどの青魚系のサプリメントは、なんとなく生臭いような匂いがするものもあります・・・。

しかし、きなりの袋を開けたときの香りは、少し香ばしい匂いでした。

口にカプセルを入れたときも、うっすらと甘みを感じ、ソフトカプセルなので、柔らかく、とても飲みやすいと感じました!

飲み込んだ後も、変な匂いなどは感じる事はありません。

だから、私も毎日欠かさず飲み続けられるのです。

今なら特別価格1,833円でご利用できます。

是非、ご覧ください。


詳しくはこちら