菌類

プリプリきくらげの魅力とアイデアレシピを大紹介!

きくらげ

中華料理でよく見かける木耳(きくらげ)

食べてはいるけどよく知らずに食べていませんか?

今回は脇役でなかなか知られていないキクラゲの魅力とおいしいレシピをご紹介します。

キクラゲの値段は?

きくらげは乾燥させている食べ物なので一年を通してそこまで価格は変動しません。

スーパーなどで売られているきくらげは、30gでおおよそ150で売られています。

最近は中国産のこのが安価で売られていますが国産のきくらげの場合は少し値段が高く、まとめ買い100g1400ほどで売られています。

きくらげの旬の時期は?

乾燥もののキクラゲは、通年を通して購入できます。

食べ頃の旬の時期はだいたい夏の6月から、秋初め9月頃です。

国産の乾燥きくらげの場合生産地は主に九州です。

きくらげは生でも食べることができます。

生きくらげの場合の旬の時期はだいたい4月から10です。

きくらげの名前の由来

キクラゲは世界各国で栽培、収穫できるキノコの一種です。

ケヤキやワトコなどの枯れ木や切り株に生えており、主にアジア諸国で食用として食べられて来ましたが、最近はラーメン文化が広まった為 アメリカやヨーロッパなどでも食べる事ができます。

キクラゲはその形が耳によく似ていることから木に生える耳として木耳と呼ばれています。

さらに食感がクラゲにも似ているためキクラゲと名付けられています。

アメリカやヨーロッパではキクラゲは(ユダの耳)と呼ばれており、収穫はできますが宗教的な名前の背景からあまり食用としては扱われていません。

きくらげはコラーゲンたっぷり!

食物繊維がたっぷりでビタミンも豊富なキクラゲですが、一番の特徴はコラーゲンを含んでいることです。

キクラゲは動物性コラーゲンと同じ成分の植物性コラーゲンを含んでいます。

ダイエット中だけどお肌にいいコラーゲンを取ってっておきたい時、低カロリーなキクラゲがオススメです。

キクラゲのおいしいアイデアレシピ

ここまではキクラゲの魅力をお伝えしてきましたが、キクラゲってどんなふうに料理すればいいのかいまいちレパートリーに欠ける食材ですよね。

ここではキクラゲをつかったおすすめ簡単レシピをご紹介します。

キクラゲのツナジャーサラダ

材料4人分(3~4人分)

A塩 小さじ1/4

Aこしょう 少々

A醤油 大さじ1/2

A酢 大さじ2

Aごま油 大さじ2

切干大根(乾)20g

きくらげ(乾)2g

人参 40g

ほうれん草 50g

すりごま(白)大さじ1

ツナ 80g

サニーレタス 20g

1. Aの塩 小さじ1/4、こしょう 少々、醤油 大さじ1/2、酢 大さじ2、ごま油 大さじ2を瓶に入れてドレッシングを作っておきます。瓶の一番底にいれることで野菜がドレッシングでしなってしまうのを防ぎます。

2 切干大根ときくらげは水で戻してざく切りにします。人参は千切り、ほうれん草は34センチ幅に切って茹でておきましょう。

3 1に切干大根、人参、きくらげ、ほうれんそう、すりごま、ツナ、サニーレタスの順に詰めたらジャーサラダのできあがり!

持ち運び便利なジャーサラダはキクラゲを入れることでより斬新サラダになります。

瓶の中で切り干し大根をドレッシングに浸しておくことでサラダ全体にドレッシングが行き渡りやすくなります。

キクラゲのコリコリした食感がサラダをよりおいしくしてくれる上に栄養もぐっとアップしますね。

きくらげピクルス

材料 150mlの瓶)

乾燥きくらげ3

砂糖(戻し用)少々

ピクルス液(以下の材料を全部混ぜる))

穀物酢 大さじ4

三温糖 大さじ4

自然塩小さじ1

1. 乾燥きくらげを砂糖ひとつまみを加えた水に浸して戻しておきます。(30分で戻ります)

2. 鍋に湯を沸かし戻したきくらげを20秒茹でて冷水で冷まします。

3 きくらげを食べやすい大きさにカットしておき、瓶に入れピクルス液を注いだら完成です。

1日瓶に入れたまま冷蔵庫で保存しましょう。次の日にはピクルスとして食べることができます。

きくらげの栄養を丸ごと食べられるおいしいピクルスレシピです。

コリコリした食感と甘酸っぱさがご飯のおかずとしてもぴったり!

ご飯と一緒に食べてもおいしいですが、ピクルスにしたきくらげでドレッシングを作ったり、おかずのトッピングとしても使えるので作り置きおかずとして常備しておいてもいいですね。

キクラゲでお肌プルプル!

いかがでしたか?きくらげは食物繊維やビタミンが取れつつお肌にいいコラーゲンも取れる万能キノコです。

ぜひお家レシピのひとつに入れてみてくださいね。

頑固な乾燥肌にきのこ発酵パワーの”生”化粧水マシュファム

キノコ大好きの私が皆さんにオススメしたいのがなんと…

キノコの発酵パワーを使った化粧水です!!

キノコが好きすぎて、顔にまで塗るようになってしまいました…。

「化粧水マシュファム」肌のつやと化粧ノリが見違えたのです。

皆さんにも紹介していきますね!!

「マシュファム ディープモイストローション」

世界で初めて「キノコ発酵」の技術でつくられた、唯一の発酵化粧品です。

「マシュファム ディープモイストローション」3つの特徴

  1. キノコ発酵により作られたアミノ酸、糖類などのNMF(天然保湿因子)類似の成分が、角質層に素早く浸透・長時間潤い持続。
  2. キノコ発酵エキスには、ペプチド、ビタミン、有機酸などの美容液成分も含まれており、化粧水なのにまるで美容液のような使い心地。
  3. オールインワン化粧水だから、これ1本でお手入れ完了。
      保湿力が高いのにべたつかず化粧のノリもばっちり。忙しい朝も簡単にエイジングケア

詳しくはこちら41歳疲れたシングルマザーが25歳に見えた化粧品

キノコ発酵とは

キノコは麹菌や乳酸菌と同じ菌類で、とても強い発酵力を持っています。

「森の枯れ枝を発酵分解して土に返せるのはキノコだけ」ということからも証明されています。

従来のお米の発酵化粧品とは異なり、この発酵力「キノコ発酵」を利用してお米を発酵させると、分子量の小さいアミノ酸や糖類、有機酸などの保湿成分がたくさん作られます。

この成分が角質層に素早く浸透することで、乾燥してシワっぽくなった年齢肌をピンとハリのある肌に保ってくれます。

騙されたと思って是非皆さん使ってみて下さい!!

<a href="https://t.felmat.net/fmcl?ak=G1153Q.1.P24468Y.T591963" target="_blank" rel="nofollow noopener">30歳以上の乾燥が強い年齢肌のための発酵化粧品</a><img src="https://t.felmat.net/fmimp/G1153Q.P24468Y.T591963" width="1" height="1" alt="" style="border:none;" />