野菜

モロヘイヤの価格と旬の時期とは?簡単おいしいレシピもご紹介!【2019最新】

モロヘイヤ

モロヘイヤとは

緑黄色野菜の中で、カロテンやカルシウムを豊富に含んでいます。

モロヘイヤはエジプト語で、「王家の野菜」という意味があるそうです。

モロヘイヤの別名は

  • とろろな
  • しまつなそ
  • 台湾つなそ

の3種類が主な呼び名です。

日本に1970年代以降、エジプトから入ってきました。

葉の長さは約10cmほどの楕円形で、刻むことで独特の粘りがあります。

モロヘイヤの価格

モロヘイヤのスーパーでの価格は

  • 1袋100円~200円

です。

1袋の量は、商品にもよるのですが100g位入っているものが多い印象です。

モロヘイヤは茹でるとカサが減るのですが、ネバネバして食べ応えもあるので1人分としては1袋で十分な量だと思います。

おひたしでたっぷりと食べたい時には、「道の駅」や「農産物直売所」でモロヘイヤを買うのがお得だなぁと感じます。

スーパーの価格と同じくらいのお値段で、モロヘイヤの量がたくさん入っていたり、同じくらいの量で価格がスーパーよりも安かったりします。

スーパーで1袋100円~200円という価格だと、ほうれん草や小松菜などを買うのと同じような感覚で買えますよね。

モロヘイヤをスーパーで買うとしてもそんなに買い難い価格ではないと思います。

モロヘイヤの旬の時期

モロヘイヤは暑い地域が原産の草木なので、国内では夏が成長期で収穫時期にあたります。

食べ頃の旬は、一般的にホウレンソウやコマツナなどの青菜類が不足しがちな6月頃から9月頃までとなります。

モロヘイヤの産地

モロヘイヤの日本の主な産地は群馬県となっています。

次に愛知、三重となっています。

基本的に季節関係なく栽培が可能なので日本中どこでも栽培されています。

モロヘイヤの選び方

葉の緑色が濃く鮮やかで、葉先がピンとしていて張りがあり活き活きとしているもの、切り口が黒っぽく変色していないものを選びましょう。

茎は手で折れるくらいやわらかく、茎が太すぎないもの。

茎がかたいものは加熱してもやわらかくならず、口に残りますので食べないほうがいいです。

モロヘイヤの栄養

モロヘイヤは若い葉や茎を食用とします。

葉の形は一般的な木の葉型ですが、付け根の両側に赤く細いひげが一本ずつ伸びています。

モロヘイヤのネバネバ成分は水溶性食物繊維で、粘膜を保護し、消化不良や食欲不振を防ぐ働きがあります。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、β―カロテン、ビタミンB1、B2、B6が多く疲労回復に役立つのでオススメの野菜です。

濃縮元氣もろみ酢

上記で紹介しましたが、モロヘイヤは栄養たっぷりです。

しかし、モロヘイヤを1日中食べても1日に必要な栄養を全て摂取するのは無理でしょう。

そこで私が皆さんに紹介したいのが「濃縮元氣もろみ酢」です。

  • 健康になりたいけどどうすればいいか分からない
  • 効率的に健康になる方法を知りたい
  • もう無駄なサプリメントに騙されたくない

そのような方におすすめなのが、これ一粒で毎日の健康をサポート「濃縮元氣もろみ酢」というサプリです。

「濃縮元氣もろみ酢」は圧倒的なアミノ酸とクエン酸量を配合し健康、そしてダイエットの味方として話題沸騰中です。

この「濃縮元氣もろみ酢」のおすすめポイントをまとめました。

おすすめポイント
  • 管理栄養士が推奨する健康食品No.1、今注目の健康食品No.1の2冠達成
  • 累計1,860万粒突破の販売実績
  • 香酢や黒酢をはるかに越えるアミノ酸量
  • 米酢の410倍のクエン酸で健康維持
  • カテキン、玄米胚芽油配合
  • 燃焼系ポリフェノールのクロロゲン酸を豊富に配合
  • 定期コースで送料無料+20%OFF

酢が健康にとって欠かせないのは皆さん後存知の通りでしょう。

しかし、1日に必要な「酢」を摂取しようとすればそりゃ大変です。

この「濃縮元氣もろみ酢」であれば一粒で毎日に必要な「アミノ酸」「クエン酸」を摂取することができます。


皆さんこんな経験はありませんか?

  • 『健康サプリを毎日飲んでも、そんなに実感がわかない…。また騙された…。』
  • 『健康サプリは結局気持ちの問題。飲んでも飲まなくても変わらない。』

安心してください 、「濃縮元氣もろみ酢」は先ほどもご案内しました。

管理栄養士が推奨する健康食品No.1、今注目の健康食品No.1の2冠達成しているのです。

累計1,860万粒突破の販売実績が何よりの証拠でしょう。

これだけの実績を残しているサプリメントが健康に良くないわけありませんよね。

もう一度言います。

この「濃縮元氣もろみ酢」であれば一粒で毎日の健康を維持できます。

「濃縮元氣もろみ酢」はこのような人におすすめです。

  • 毎日ぐったり感が抜けない方
  • 食生活が偏っている方
  • 健康診断の数値が気になる方
  • 10年後の健康が不安な方
  • 実年齢よりも若く見られたい方

黒酢を超えた「もろみ酢」を配合している「濃縮元氣もろみ酢」。

この一粒であなたの健康は維持されます。

私自身も「濃縮元氣もろみ酢」を飲んでから日々の健康を実感しています。

気になった方はこちらをどうぞ

公式サイトをみる

ここからはモロヘイヤの食べ方を紹介します。

モロヘイヤを使ったレシピ

ではモロヘイヤを使ったレシピを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

モロヘイヤの味噌汁

材料

鍋に出し汁を入れ、油揚げを細かく切って入れ煮たてたら味噌を入れます。モロヘイアを入れさっと煮る。

ポイント

モロヘイアはさっと煮るととろみが出ておいしいので、モロヘイヤは軽くさっと煮ましょう。

モロヘイヤとにんにくの豚肉炒め

材料
  • 200g
  • 200g
  • 1片

調味料

  • 大さじ1/2
  • 大さじ1と1/2
  • 大さじ1と1/2
  • 大さじ1

 

  1. モロヘイヤは5cm長さに切り、茎と葉に分ける。にんにくはみじん切りにする。
  2. 豚肉は3等分に切る。
  3. 温めたフライパンにごま油を入れ、豚肉を中火で2分炒める。
  4. にんにくとモロヘイヤの茎を加えて強火で1分炒める。
  5. 調味料とモロヘイヤの葉も加え、さらに1分程炒める。
  6. 完成

簡単に作れて、ご飯の進む夏バテ必勝おかずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

モロヘイヤの旬の時期は、7月~9月です。

美味しい夏野菜のひとつとして、モロヘイヤを食べて元気に過ごしたいですね。

スーパーでの価格もぜひ参考にしてみて下さい。