エンダイブの価格は?栄養価が高い大人なハーブ野菜

野菜

エンダイブという野菜を聞いたことはありますか?食べたことがある人はほろ苦い独特な味を思い浮かべる人が多いと思います。
あまり流通が盛んではなく、知っている人が少ない野菜ではありますが、栄養価が高く近年注目されつつある野菜の一つです。今回は、そんなエンダイブの特徴や価格、栄養価などを紹介していきたいと思います。

エンダイブとは?

エンダイブとは、別名「ニガチシャ」と呼ばれていて、和名では「キクヂシャ」と呼ばれています。

「チシャ」という言葉が使われていますがそれはいわゆる「レタス」という意味ですね

見た目は名前のようにサニーレタスやグリーンリーフに似ていますが、

実はレタスの仲間ではありません
地中海沿岸原産のキク科に分類される野菜の一つです。

味は「ニガチシャ」と呼ばれていて「ニガ」という表現の通り苦みが強いです。

でもシャキシャキとした歯触りの良い食感が特徴です。

初夏には綺麗な青い花を咲かせるので家庭園芸用として育てられることもあります。

種類は2種類あり、葉が縮れていて切れ込みのある「ゴールデンハート・サマー種」と、幅のある丸い葉で切り込みのない「エスカロール種」「ブロードリーフ・バタビアン種」があります。
多く流通しているのは「ゴールデンハート・サマー種」のほうです。

『エンダイブ(シコレ)』と『チコリ(アンディーブ)』の不思議な関係

同じキク科で近縁の種類に『チコリ』と呼ばれる野菜があります。

小さな白菜のような形をしています。見た目は違いますが、チコリもエンダイブ同様苦みの強い味が特徴で近縁種ということで、似ているため混同されることが多いのです。

そしてイギリスとフランスで2つの名前が入れ替わっていて
どうしてこうなってしまったのかと思うほどとてもややこしくなっています。

◆英語名『エンダイブ(endive)』のことをフランス語では『シコレ(Chicorée)』と呼びます。
◆英語名『チコリ(chicory)』のことをフランス語で『アンディーブ(endive)』と呼び 名前が入れ替わっています

もっとややこしいのが、アメリカでは『エンダイブ』のことを『chicory』と書いて『チコリ』と 呼ぶそうです。英語の中でもイギリスとアメリカで名前が違っていては、日本人は当然混乱してしまいますよね。

そのため、市場では混乱を避けるために「メリケンサラダ」と呼ぶところもあるそうです。

スポンサーリンク




エンダイブの値段は高い?

エンダイブは、日本人にとってあまり聞き慣れないお野菜ですが一体いくらで購入できるのでしょか?

なかなか出会うこと自体少ないエンダイブですが、価格は1株500円くらいで購入できます。
スーパーなどで売っていれば300円ほどで販売しているところもあります。レタスなどに比べると少しお高いですよね。
では、どうしてレタスや他の野菜に比べてお高いのか?

答えは栽培過程の中にあります。

エンダイブの栽培方法

その栽培方法ですが、収穫が近づいたエンダイブには軟白処理という作業を行う必要があります。

その作業は苦みの強いエンダイブにとってとても重要になってきます。

軟白処理とは地面に広がった葉を起こして束ねて白菜のような形にして縛ります。
こうして内側の若葉に太陽の光が浴びないようにすることで柔らかくて白っぽく、ほろ苦い葉を作ることができます
光の当たる外側の葉は緑色が濃くなり、歯触りも固く苦みが強くなります

縛った中は蒸れやすくなるので一度でも手を抜くとダメになってしまうらしく、簡単なようで難しい作業のようです。布を被せて光に当てない方法もあるようですが、少しお高いのもわかる気がしますよね。

この軟白処理があることによって、ほろ苦くておいしいエンダイブができるのですね。

軟白処理しないで育てると非常に苦くゴワゴワとしたものになってしまい食べにくいそうです。
エンダイブにとって必要な大事な作業ということですね。

スポンサーリンク




エンダイブの美味しい旬な時期と見分け方

エンダイブは年間を通して流通していますが、多く出回るのは5月頃が多いです。

エンダイブ本来の旬な時期は10月~3月頃の冬の時期なのですが、長野県など高地な場所は涼しさを生かして早い時期に栽培し出荷しているので本来の旬と出回る時期が違ってきます。

美味しいエンダイブの見分け方ですが、上記で説明した通り

外側の濃い緑色の葉の部分は固く苦味が強いの
真ん中の白っぽい黄色い部分が比較的多いものを選ぶと良いでしょう。

苦みの部分が好きな方は緑色の葉が多いものを選んで下さい。また、裏側の軸の切り口が新しくみずみずしいもので、茶色く変色していないものが良いです。

栄養と効能

エンダイブは栄養価が高く、美容や健康に役立つ成分が多いので近年では注目されていて人気のお野菜の一つです。
お肌のトラブルやアンチエイジングにも効果的で、高血圧予防にも良い成分が含まれています。

エンダイブの主な成分は、[ビタミン類や葉酸、カリウム、βカロテン、ミネラル、カルシウム、食物繊維]など多くの栄養が豊富に含まれています。

特に、緑の葉の部分にはβカロテンがレタスの7倍多く含まれており、一般的な効能としては免疫賦活作用があるだけでなく皮膚や粘膜、髪の健康維持、視力維持、喉や肺の呼吸器官系統を守る働きが期待できます。

さらに、エンダイブに含まれるカリウムの働きによってむくみ解消の効果も期待でき、豊富な食物繊維で腸の働きを良くしてくれるので便秘解消にもつながります。

100gあたり15kca l とカロリーの低いお野菜なのでダイエットにも美容にも効果的で特に女性には強い味方になってくれそうですね。

スポンサーリンク




大人のサラダにチャレンジしてみよう!

マイナーな野菜で、あまり知っている人はまだまだ少ないエンダイブですが一

度サラダにして食べてみると大人なほろ苦さとシャキシャキとした食感が良く、好きな人には癖になること間違いお野菜です。

栄養価も高いので栄養のバランスを考えて肉料理や揚げ物の付け合せにすれば、苦みのアクセントがきいてより美味しく感じられると思います。