開業

プレオープンってする意味あるの?メリットやデメリット・実施方法についてご紹介します!

本番前の実践練習として取り入れられるプレオープンですが、一刻も早くオープンしたいと思ってしまい『やらなくても問題ないのでは?』と思うかもしれません。

しかしちょっと待ってください!

プレオープンなしでの開業は非常に危険です!!!

慣れないスタッフに、気づかなかった問題点が出てくるなどオープン後にミスをしてしまっては取り返しがつきません。

そこで今回は、プレオープンの適切な時期や、行う方法、注意点などについてご紹介します!

プレオープンとは?

プレオープンとは、開業前に数日間から数週間程度に渡って招待制の営業を行うことを指します。

通常、オープンの前日から2日前まで行うことが多く、招待するお客様は友人や家族などを誘うケースが多いです。

実際にお客さんに来てもらうことで、スタッフ同士のコミュニケーションや、お客さんとのコミュニケーション、全体の流れなどを掴むために行います。

プレオープンのメリット

プレオープンのメリットは、大きく3つほどあります。

プレオープンのメリット

・本番練習が出来る
・集客効果がある
・問題点が見つかる

それぞれ詳しく見ていきましょう

本番練習が出来る

プレオープンでは、実際にお客さんに来てもらい対応するので本番さながらの練習になります。

実際にオーダーを取ったり、料理を提供したり、案内をしたりとすることはたくさんです。

実際にオープンしてから、ミスをしてしまうよりもプレオープンでミスをする方が数百倍マシです!

SNSが発達した現代では、簡単に悪い口コミがついてしまいます。

お客さんにとってはオープンしたてで慣れていないということは関係ないのです。

それらの練習をぶっつけ本番ではなく、プレオープンで行えるのは非常に大きなメリットです!

集客効果がある

次のメリットは集客効果があるということです。

友達や、家族に来てもらった際に口コミやSNSの投稿をお願いすればかなりの数になります。

今や、口コミやSNSで調べてからお店に入る時代。

オープン日であっても、口コミがあるのとないのではお客さんにとっても安心感が違います。

プレオープンでお願いするのは申し訳ないという気持ちも分かるのですが、積極的にお願いするようにしましょう!!!

問題点が見つかる

プレオープンでは、よく自分が気付かなかった問題点が見つかります。

冷暖房の温度や、店内のレイアウト、メニューの価格設定など非常に多くの問題点が出てきます。

あまり色々な人からアドバイスを受けると混乱してしまいますが、一つの意見として色々な見方がわかるのでオススメです。

私自身もプレオープンを行なったことで、多くの改善点を見つけることができ結果的に成功したのではないかと思います。

出来れば一日中お店に立ち、来てくれた友人や、家族と話をするようにして見てください!

プレオープンのデメリット

プレオープンのデメリットは大きく2つあります。

プレオープンのデメリット

・売上が多くは出ない
・業務が増える

詳しく見ていきましょう。

売上が多くは出ない

プレオープンでは、招待制でのオープンのため多くの売上が立ちません。

また、多くの人に来てもらうため通常より少し安くすることが一般的です。

そのため、売上があまり多く立たないためプレオープンは赤字であることがほとんどです。

そもそも、飲食店自体が認知されるまでに数ヶ月の赤字であることが多く非常に難しい業界です。

業務が増える

プレオープンをおこなうにあたって、必然的に業務が増えます。

友人に電話や、ラインを送ってきてもらえるように連絡したりするなど連絡業務が一気に増えます。

猫の手も借りたいオープン前に業務が増えてしまうというのもデメリットの一つです。

プレオープンは行うべきか?

結論から言えば確実に行うべきです!!!

プレオープンをせずに、オープンしてしまうのは手ぶらで戦場に出るようなものです。

短期的には赤字幅も大きく損をしてしまいますが、適切なオペレーションの練習や、気付かなかった問題点が見つかるので長期的にはかなりプラスになります。

それでは実際にプレオープンを行う手順についてご紹介します。

プレオープンの手順

プレオープンの実施手順はこのような流れです。

① 実施日を決める
② 招待する人を決める
③ 値段設定を行う
④ 招待する人に連絡する
⑤ スタッフの事前研修を行う
⑥ プレオープン実施

それでは詳しく見ていきましょう。

① 実施日を決める

プレオープンを行う日程は、オープンの数日前から1週間前にするのがオススメです。

少し期間をあけることで、反省点を改善しオープン出来るためです。

② 招待する人を決める

次に招待する人を決めます。

主に友人や、家族を中心に招待するようにしましょう!

また、注意しなければならないのが、近隣住民の方や、SNSのみでの知り合いを呼ばないようにするということです。

友人や家族ならミスしても大丈夫ですが、特に近隣住民の方はすぐに口コミが広まってしまうため気を付けなければなりません。

地元で新しい店が出来た際にすぐ広まりますよね?

それと同じです。

万全の準備をしてオープンするようにしましょう!

③ 値段設定を行う

次に値段設定を行います!

ドリンク一杯無料や、会計10%オフなど通常より安くすることでたくさんの友人に来てもらうことが目的です。

特にプレオープンでは、席を満席にするように心がけてください!

満席時のオペレーションを練習出来るため、非常に勉強になります。

④ 招待する人に連絡する

ラインや、電話などを使い、きてもらえる人に連絡するようにしてください。

特に、グループラインよりも個別でラインを送るのがいいでしょう!

やはり個別で連絡する事で来てくれる確率が上がり、満席に出来る可能性が高まります。

積極的に連絡するようにしてください!

⑤ スタッフの事前研修を行う

プレオープン前に、業務マニュアルを作成し事前に研修を行なっておきましょう!

プレオープンだからと言って手を抜くのではなく、本気で行なってください。

⑥ プレオープン実施

以上の準備が出来ればいよいよ実施です!

プレオープンの間は出来る限り、自分も出勤しお客さんの声を聞くようにしてください。

厳しい意見などもあるかもしれませんが、しっかりと耳を傾け参考にしていきましょう!

アンケートなどを実施するのも一つの手ですが、なかなか伝えずらい事もあるので直接聞くのが一番です。

まとめ

以上プレオープンのメリット・デメリット・実施方法でした!

プレオープンは思っているよりもかなり重要です!!!

今、どうしようかと迷っている方がいればすぐに実施する予定に変えてください!!!

しっかりと問題点を洗い出し、いいお店作りをしてくださいね!